断捨離お手伝いページ

お問い合わせ
お問い合わせ

こちらでは断捨離をやりたくてもなかなか一人では捨てる決断がうまく出来ない方や、捨てたいが一人では大きすぎて捨てることが出来ないなど断捨離でのお困りごとをサポートさせていただくサービスです。

その場で出たいらない物の棄処分費用も含めてのサービスになります。

ご希望の方には整理後の模様替えのお手伝いもさせていただきます。

お見積もりは無料ですのでお気軽にご連絡をください。

お問い合わせはお花の写真をクリック(^O^)

 

 

 

断捨離とは

基本的にはヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引く。

 

断=入ってくる要らない物を断つ

捨=家にずっとある要らない物を捨てる

離=物への執着から離れる

やましたひでこの著書が発表されて話題になり、この考え方が人々に広く知られるようになった。

 

やましたひでこ の著書群の説明によると、日本では伝統的に「もったいない」という観念・考え方があるが、(これはこれでひとつの考え方・価値観ではあるが)この考え方が行きすぎると、物を捨てることができなくなり、やがて、すでに使わなくなったモノ、将来も使うはずがないモノなどが、家・部屋の中に次第に増えてゆき、やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され、狭くなり、また人は膨大なモノを扱うのに日々膨大な時間や気力を奪われるようになってしまい、知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて、心身の健康を害するほどになってしまう。断捨離は、こうした「もったいない」の観念(固定観念、思い込み)にとりつかれて凝り固まってしまった心を、ヨガの行法を応用して解きほぐし、知らずに自分自身で作り出してしまっている重荷からの開放を図り、快適な生活・人生をとりもどすための方法である。

 

やましたひでこの著書の後、様々な著者によって、断捨離の考え方を扱った本が出版されるようになった。さらに自分と物との関係だけでなく、仕事のすすめかた、人との関係(人間関係)にも断捨離を実践することをすすめる書物なども出版されるようになった。

 

「断・捨・離」は2010年の流行語にも選ばれた。近年では断捨離を実践する人を「断捨離アン」

「ダンシャリアン」などと呼ぶことがある。